子供のワキガ

最近まではワキガは、大人だけがなるものだと思われていました。しかし生活環境の変化などによって子供の発育がとても良くなってきたので、子供がワキガになる場合が増えてきているようです。
タグ:ワキガ

ワキガとエクリン汗腺

ワキガには関係している汗腺が二つあって、アポクリン汗腺と、エクリン汗腺という汗腺が関係しています。ワキガに直接関係しているのはアポクリン汗腺ですが、ワキガには直接は関係していないのですが間接的に関係しているのが、エクリン汗腺です。

エクリン汗腺は小さくて体の様々な部分にあり、汗を分泌しています。ワキガには直接関係していないエクリン汗腺から出ている汗は成分のほとんどは汗だといわれていて、少し塩分や乳酸、アンモニアが入っています。一日に人は2リットくらい汗をかくといわれています。人は汗をかくことによって、体の温度の調整をしています。このエクリン汗腺は臭いはほとんどしないといわれています。

ワキガとはあまり関係していないエクリン汗は皮膚を弱酸性にして細菌が繁殖するのを防いでくれますからワキガの元となる臭いを抑える働きがあります。

ワキガにはあまり関係ないのですが、やはりワキガと関係のあるアポクリン汗と混ざってしまうと臭いがきつくなってしまいます。混ざることで細菌が増えて、汗をかくと臭いがきつくなるのはワキガも一緒でエクリン汗もワキガに関係してしまうのです。ワキガの人は継続して汗の臭いがしますが、汗をかいた洋服をそのままにしておくと臭くなるのはこの二つの汗腺が原因です。
タグ:ワキガ 臭い

日本人のワキガの割合

日本人のワキガの割合について紹介したいと思います。

日本人がワキガになる割合というのは10パーセントくらいだといわれています。ちなみに欧米人はワキガになりやすい体質だといわれていますが、欧米人の場合には、ワキガになる人は70パーセント前後の人がワキガといわれていて、黒人の場合は、ほとんどの人がワキガであるといわれています。

こうやって見てみると日本人のワキガの割合は少ないほうだということがわかります。しかし、最近では日本人でもワキガになる人が増えているといわれています。その理由は欧米人と同じような食生活をしているからで、ワキガになる日本人が増えているのだそうです。

日本ではワキガの人口があまり多くないために、欧米でワキガになっていても、特に気にならないかもしれないのですが、日本でワキガになってしまうと不慣れでワキガ特有の臭いが鼻についてしまって大変だと思います。

日本人のワキガの割合が少ないということはいい事なのかもしれませんが、ワキガになっている日本人の人にしてみれば、ワキガの人が少ないということになりますからあまりいいとは言えないかもしれません。ワキガの割合が少ないということはワキガだということが目立ってしまうからです。
タグ:ワキガ 臭い

ワキガの皮下組織吸引法

ワキガの治療方法には色々な種類がありますが、その中の皮下組織吸引法というワキガの治療があります。これは太ももやおなかにある脂肪を吸収してダイエットをする脂肪吸引という治療方法がありますが、それと同じように、ワキガにもこの吸引が効果があるといわれています。

わきの下の皮膚に穴を開けて細い管を通して汗をその穴から吸うことでワキガに効果があります。この方法でワキガの手術を行えばワキガの手術のあとが残りませんし、回復もメスをつかったワキガの手術よりも早く副作用などもなくて安心してワキガの治療を受けることが出来ます。

ワキガの治療だけでなく多汗症の治療にも、この皮下組織吸引法が使われているのですが、完治するところまでは行かないのですが、ワキガの症状を改善したりするには言いようです。

軽いワキガの症状や一過性のワキガの症状の人にはこの皮下組織吸引法が効果があるかもしれませんが、ワキガの症状が重い人はワキガを完全に治療するというのは難しい治療法のひとつかもしれません。

ワキガの治療の皮下組織吸引法を受ける場合には、ワキガ専門のクリニックや病院で一度自分のワキガの症状を見てもらってからこの方法で治療をするのか決めたほうがいいと思います。

ワキガになる人とならない人

ワキガになる人というのはワキガにならない人と何が違っているのでしょうか。ワキガになる人とならない人の体質の違いはどこにあるのか紹介したいとおもいます。

ワキガになる人というのはアポクリン汗腺が多いといわれていますし、汗をかいたときの汗の成分も違っているといわれています。また汗に含まれている皮脂も違うといわれています。これらがワキガになる人とならない人の違いです。

アポクリン汗腺の数がおおいと、アポクリン汗が分泌されますが、それによってワキガの原因になる臭いがきつくなってしまうのです。日本人はもともと黄色人種といわれていますが、黄色人種はアポクリン汗腺が黒人や白人に比べると少ないといわれています。人種によってもワキガになりやすい人となりにくい人が居るのです。

アポクリン汗腺の数とアポクリン汗の分泌によってワキガは決まりますが、アポクリン汗がわきがの原因になる根本的な理由はわかってはいませんが、アポクリン汗には脂肪が沢山含まれているからではないかとも言われています。

ワキガになりやすい人、なりにくい人は、それらの事から違いが出てくるのですが、食生活やストレスもワキガになりやすいかなりにくいかにも関係しています。

ワキガの間違った改善法とは?

ワキガの間違った改善方法やワキガ特有の臭いを抑える方法がありますから、この間違いを紹介したいと思います。

ワキガは汗をかくから臭いがするといってワキガの原因になっている汗の量を減らすというのはあまりいい方法ではありません。制汗剤を使ってみたり、小まめに汗をふいたりして汗が出るのを少なくするという方法がありますが、一日に何度も出来ることではないので、あまりワキガの治療としてはいいとは言えないと思います。

そしてワキガの特有の臭いがこもらないようにするとして、脱毛をしたりする人が居ますが、ワキガの症状が軽い人にはこの方法はいいかもしれませんが、ワキガの重症の人には、このワキガの臭いがこもらないように脱毛をするという方法はあまり効果的でなく、脱毛で汗がもっと出てしまうことがあります。

そして一番間違ったワキガの改善方法ですが、香りをつけるというワキガの改善方法です。ワキガの特有の臭いを抑えようとおもって、香水をつけたりオーデコロンをつけたりする人がいますが、この方法はワキガ特有のにおいを余計強烈にしてしまう可能性があります。ですからワキガの人はあまり香水をつけたりオーデコロンをつけたりするというのはあまりやらないほうがいいでしょう。

ワキガ治療

ワキガは,ワキガで無い人から見れば病気でもないのでそんなに思い悩むことでも無いのではないかと思えますが、実際にワキガ体質の人にとってはとても重大な悩みです。

では、そんなワキガですがワキガ治療とはできるのでしょうか。ワキガ治療の方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、ワキガ治療には、いろいろな方法があります。しかしそんなワキガ治療ですが、もしワキガというものを、根本からしっかり治すワキガ治療というのは、手術という方法をとる必要が有ります。

この手術によるワキガ治療の方法ですが、ワキガの原因となる汗が出てくるアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺などを手術によって取ってしまうという手術のワキガ治療になります。
この手術という手段のワキガ治療の中にも、色々な手術方法があり、古い方法から最先端の方法までさまざまです。

その他にも、ワキガ治療にはいろいろな治療方法があります。その中のひとつに、漢方薬を使ったワキガ治療というものもあります。
この漢方薬を使ったワキガ治療の際に使われる漢方薬には3種類ほどあり、ワキガ治療を受けようとしている人の体質・体型により使われる漢方薬が違います。
このような漢方薬を使ったワキガ治療も人気のようです。

またその他にも、ワキガ治療には手術というワキガ治療の方法の他に、わきにスプレーをしたり何かを塗ったりすることにより、汗や雑菌をなくすという商品などもあり、手術というワキガ治療のために高額を出すことが出来ない人や、軽度のワキガの人、手軽におさえたいという人にとって、そのようはワキガ治療も人気のようです。

また、手術というワキガ治療の方法と違い、他人に気付かれにくいというのもこのようなワキガ治療のメリットだといえます。

しかしながら、いろいろな種類のワキガ治療の方法がありますが、やはりワキガの度合いが重度の人や、一時的にではなく根本からわきが治療に取り組みたい、という人にとっては、手術というワキガ治療の方法が一番ポピュラーなようです。

ワキガ治療をする上で大切なことは、まず自分の腋臭の程度を知ること、そしてきちんと専門家のアドバイスをもらい、どのワキガ治療の方法でワキガの治療を行っていくのかを決めることだといえます。

そしてもしも手術によるワキガ治療を行うのであれば、経験と知識が豊富な医院を選んでワキガ治療をおこなうようにすることがとてもワキガ治療には大切なことだといえます。

ワキガとは

ワキガとは、鼻にツンとくる独特の体臭である。日本女性にとっては悩みの種であるが、海外では「セクシーシンボル」でもある。つまり、無臭の人よりも、ワキガの人の方が海外ではモテるのである。ワキガは、代謝の盛んな思春期特有のものであり、小児や老人には見られない。また、遺伝性があるので、家族にわきがの人がいる場合はかかる可能性が高くなる。

ワキガの原因を見てみよう。ワキには特有の臭いの元となるアポクリン腺と、単なる汗を出すエクリン腺という二種類の腺がある。アポクリン腺は、ワキの下、乳輪、陰部、などに存在し、その汗の中に脂肪・脂肪酸・アンモニア・鉄分・蛍光物質など、臭いの元となる物質が分泌される。アポクリン腺の汗の性状は粘り気のある乳白色の液体で、この成分が細菌などによって分解されると臭いが発生しますが、この臭いが俗に言う「ワキガ臭」ということになる。

ワキガのある人と無い人というのは、臭いのきつい人と、きつくない人の差と言って良い。汗っかきの人、脂性の人は、ちょっと不潔にすると、どうしても臭いがきつくなってしまう。そもそも日本人は清潔な状態にいる方が多いので、欧米人に比べるとあまり気にならないはずで、香水なんかも欧米人のワキガ体臭を隠すためにできたものなのである。

ワキガの抜本的治療法としては手術により、アポクリン線を取り除く方法があるが、単に心的に悩みが深くなっているだけで、軽度の人も少なくない。脂肪の少ない食生活、ワキ毛の処理、身体を清潔に保つこと、などでかなり改善された例は多い。特に脇の下を殺菌したり、制汗剤を使用したりすることは有効である。制汗剤は市販のもので十分。殺菌には、市販の消毒用軟膏を使用すると良いだろう。

ボトックスでワキガ治療が可能?!

プチ整形などで使用されるボトックス注射は、しわ治療などのイメージがありますが、それだけでなく、多汗症やワキガの治療においても非常に高い効果があるようです。

日常生活において汗が多くて困っている方や、汗が多いとの自覚症状など汗を多くかいてしまう症状を多汗症といいます。汗が気になる個所(わきなど)にボトックス注射をすると、汗を送り出す筋肉の動きを止めることができます。それによって多汗症の症状を改善することができるようです。

また、ワキガの治療にも効果があります。わきがの原因となっているのは、アポクリン汗腺と呼ばれる部分から出る汗の1種です。それが、細菌などに反応して異臭を放ってしまうことにより、ワキガがおこります。

軽度〜中度のワキガならボトックス注射により、アポクリン汗腺からの汗の分泌を抑えることができます。しかし、重度のわきがの場合は治療の効果はあまり見込めないので、アポクリン汗腺を取り除く外科手術が必要になるケースもあります。

ワキガや多汗症によるワキの汗や臭いは、自分でも気がつかないうちに周りの人に不快感を与えていることがあります。でも遺伝や体質だからとあきらめてる方が多いでしょう。しかし、あきらめることはありません。

ボトックスをワキに注射することにより自律神経の発汗命令が抑制され、汗の量を抑えることが可能となります。汗が減るために細菌の繁殖が抑えられます。治療時間は5分くらいで日常生活に制限を受けることなく気軽に治療を受けることができます。効果は6ヶ月くらいといわれてます。

ボトックスについてもっと詳しく知りたい方は
ボトックスの情報源

ワキガの治療について

ワキガ(腋臭症)とは汗腺のアポクリン腺から汗が分泌され、脇などから臭いが発するもので、運動した時にかく酸っぱい汗の臭いとは違う特徴のある臭いがします。ワキガの原因はアポクリン腺からの汗が皮脂腺やエクリン腺からの汗と混ざり、それが雑菌で分解されてワキガとなります。脇毛が汗などを留めることにより、臭いが出やすくしています。

ワキガの治療法を紹介します。
1.制汗剤による治療法。制汗剤には殺菌作用があり、雑菌を殺すことで、汗などが分解されるのを減らし、ワキガの臭いも軽減させることができます。ワキガの重度でない人は制汗剤の治療で十分でしょう。

2.わき毛の処理による治療。わき毛を処理をして、脇に汗などが留まるのを防ぎます。その結果、ワキガも軽くできます。制汗剤の治療とわき毛処理を一緒に行うことで一段と効果が増します。

3.皮下組織吸引法。わきに数ミリの穴を開けて細い管を入れ、汗腺類の皮下組織を吸い取る方法です。入院の必要もなく、現在、ワキガの手術の主流となっています。しかし、この吸引法は、重いワキガの人には効果が低い場合があります。

4.超音波法。脇の皮膚を数ミリ開き、超音波発生器を差し込み治療を行う方法で、現在の最先端の治療方法です。手作業でワキガの原因となる汗腺類を取り除く手法とは違って、超音波を利用して汗腺を破壊・吸引するという方法です。

従来の治療方法に比べて傷跡の心配やワキガの治療効果など優れた点が多いのがこの超音波法です。しかし、最先端の医療ということもあって、この治療を行う病院がまだまだ少ないというのが現状です。技術的な面からも不慣れなケースもありますので、信頼できる医師の治療を受けましょう。

ワキガのクリニック選びのポイントです。
1.ワキガ手術としてどんな手術が行なわれているのか。
2.超音波わきが手術を受けることができるか。
3.カウンセリングを重要視しているか。
4.インフォームド・コンセントがきちんと行なわれているか。
5.術後のアフターケアをきちんと行なっているか。
6.費用などについても事前にきちんと説明してくれるか。

ワキガは焦る必要は何もありません。自分で足を運び、信頼できるクリニックを探すことが大切です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。